平成25年度 那須C・C
   〜三本槍から北温泉へ〜


               簾山から     朝日岳をバックに咲くリンドウ 
 平成25年9月1日(日)午前6時、清掃登山参加者のうち6名が、今年から集合場
所のひとつとなったハーモニーホールの駐車場を出発。車内に吹き込む風は、幾分秋の
気配だ。ほほに心地よい。途中、南が丘牧場付近では、ヒガンバナが満開だった。
 6時50分、セレモニーの行われる峠の茶屋に到着。早速、5人を降ろし、下山場所
である北温泉駐車場で待つ海津さんと合流し、車をデポ。海津車で戻り、更に、前夜か
ら参加の和知顧問も合流し、総勢8名で受付をすませる。昨年と比べると参加者も多そ
うだ。とちまる君までいるぞ!山の日制定に向けてのキャンペーンらしい。

 
         続々と集まる参加者                     登山届の提出
 7時30分からのセレモニーの前に、和知顧問から提案があった。「天気も不安定だ
し、今日のコースは結構長そうだから、先に出発した方がいい。開会式ばかりでなくキ
ャンペーンもこの後しなけばならないので、そちらは俺がでるから!」甘い言葉に乗る
ことにした。
 駐車場からの階段を登っていくと、早速リンドウの花が出迎えてくれる。登山指導所
で登山届けを提出し、7時40分出発。鳥居をくぐると直ぐに、フジバカマやアキノキ
リンソウなども咲いている。駐車場に着いた頃は青空にすっきり映えていた山並みは、
残念ながらガスに覆われてしまったが、日差しが無い分涼しくて、歩きやすかった。
 
 
       中ノ茶屋付近                       峰の茶屋から
 8時20分、峰の茶屋到着。昔、我が黒羽山の会が縁で結ばれたという黒羽在住のご
夫婦と出会う。改めて会の歴史の長さを感じたしだいです。剣ヶ峰の巻き道あたりか
ら、伊藤さんが若い女性とおしゃべりをはじめたようです。聞き耳をたてていると、ど
うやら環境省の職員のようでした。那須C・Cを機会に、登山道の整備状況などの調査
を目的の登山のようでした。4月に赴任したばかりなので、まだ全体を把握していない
のでということでした。そんな中でも、ゴミをさっさと見つけて拾っています。先に歩
いている私なども気づきもしなかったのに、流石!
 朝日の肩の手前で、お山のブルーベリー(クロマメの木の実)が美味しそうに見えま
した。ちょっと手を伸ばそうとして思い留まりました。環境省の人の前では、やっぱり
まずい??心残りでしたが。
 9時、朝日の肩に到着。道は 随分整備され(先程の人の話では、最近まで整備して
いたとのことです。)歩きやすく順調にきています。ガスが巻いても迷うことが無いよ
うに、蛍光塗料の付いたキャップを被った道標が設置されています。景観的にはいかが
な物かなと思うが、登山者が多く、事故の多いこの地域では、仕方がないのでしょう
ね。
 その後も順調で、熊見曽根、1900m峰(新たに名前が付いたようです。)、清水
平(此処は木道が整備されていました。)、北温泉分岐と過ぎ、三本槍に10時20分
到着。あたりはガスの中。早速集合写真を撮ったが、水滴がメガネに付くほどです。和
知顧問に連絡を取ろうとしましたが、うまく繋がりません。まだ、昼食には早過ぎる。
「北温泉分岐の先に、風を遮る岩場があり、そこが昼食に適当だよ」との海津さんの提
案により、下山開始。

                  三本槍岳頂上では小雨が・・・
 分岐を過ぎ、中の大倉尾根方面に進むと、団体さんがお食事中。鹿沼の団体さんのよ
うで、やはり那須C・Cへの参加らしい。三本槍には向かわず、清水平から直接こちら
に入ってきたようでした。その少し先に岩峰が見える。「あそこで食べよう」と高木さ
ん。そちらに向かい、皆で円くなってランチタイム。幸いだんだんガスも薄くなってき
た。いつも目にする姿とは、少し違った朝日岳が見え隠れする。小石を敷き詰めた上に
金網をかけた足元は、やや緊張を強いられるが、赤面山や那須・白河の町、1900m
峰、そして朝日の後今日一番のハイライトだ!
 
         中ノ大倉尾根は快晴です。気持ち良かった!
 スキー場の分岐で、休憩をとり記念撮影。古い山の会で設置した「中の大倉尾根」の
前で。昔の活動は積極的だったようだ。藤田先生たちも若かったしな〜とは、余計なこ
とか。シロヤシオの周回コースは整備されていて快適だ。やがて、ブナの森に入り、沢
の音が聞こえるとジグザグの急な下り。橋を渡ると北温泉。プールではしゃぐお客さん
を尻目に、最後の600mの上り。無事帰着。もう少し時間がかかるかと思っていた
が、うちの会も山行が多くなりレベルアップしてきたことを実感。雨が落ちてきたがセ
ーフ。日光C・Cの太郎山に続きギリギリセーフ。
 
         先輩方の付けた看板が有りました              北温泉
 ここからまた、峠の茶屋にもどり、植竹会長の挨拶のあと解散。ガスであまり景色に
は恵まれなかったが、雨具を着けることも無く、涼しくて快適な楽しい山行でした。ち
なみに、ゴミはペットボトル、紐、ティッシュ、錆びた空き缶。登山マナーの向上がう
かがえた。同行の皆さんお疲れ様。そしてありがとう!
                             (鐘ヶ江 記)


 

 

 

 

 

 

○と き 平成25年9月1日(日)
○ところ 那須 三本槍岳 (栃岳連那須清掃登山) 
○てんき 曇り 時々 晴れ
○あ し 伊藤車 
○参加者 植竹(CL)、佐藤、頼高(会計)、鐘ケ江(報告)、木(記録)、伊藤(撮影)、海津(SL)、
       和知(前夜祭から)
○コースタイム
  ハ-モニホ-ル駐車場=峠の茶屋駐車場−-登山スタ-ト−峰の茶屋−熊見曽根(朝日岳分岐)−
    06:00          06:55              07:30      08:20〜30   09:00〜05 
  清水平 − 三本槍岳−北湯温泉分岐− 昼 食 −中の大倉尾根−
    09:35〜40    10:20〜27   11:00          11:10〜45  12:25〜33  
  北湯温泉駐車場=峠の茶屋駐車場=ハ-モニ-ホ-ル駐車場 
    14:08         14:30         15:30
             

戻る