第3回登山教室(百村山)山行記録

 平成25年9月14日(土)、はっきりしない曇天の中、登山教室が開催された。今回
は、受講生2人と会員5人のパーティです。ハーモニーホールの駐車場に集合し、和
知・大金車に分乗し、午前6時30分一路百村本田に向かう。
 車中で、受講生のトランシーバー訓練を行う。一度の説明でバッチリ!!私たちとは
何で違うの??百村本田の駐車場に到着。
 大金さんの準備体操の後、光徳寺の境内をとおり、登山道に入る。大雨のため所々登
山道に葉っぱのダムが出来ていた。
 約1時間程で、巻川林道に出る。2度程行ったことがある山であったが、人間の記憶
はかなりいい加減。林道からの登りは少ないような気がしたが、アップダウンの繰り返
し。また、周囲の景観も違って見えた。見晴らし台はススキが生い茂り裏那須の山々も
見えにくかった。樹木が大きくなってしまっている。登山道には花も少なく、アザミ・
ゴマナ・オトコエシ等であった。

 ふるさとや 百村の山に秋立ちぬ  詠み人知らず

 途中、巻川林道を左手に見ながら進む。一ヶ所崖崩れの痕が綺麗に修復されていた。
2時間少々で百村山山頂に到着。大金カメラマンによる記念写真を撮る。少しの休憩の
後、和知CLにザックを預け、藤田SLの案内でヘイセイブナに向かう。40分程で到着
となる。藤田SLに木々の名前と特徴をお聞きする。ヘイセイブナの幹周りは溝田さん
と大島さんとが抱えてやっと届くくらいでした。約3mちょいかな?
 百村山に戻り、たっぷり時間をかけて昼食。和知さんが7人が座れるところを用意し
ておいてくれました。これも足を休める方法であると。
 昼食後、和知さんによるザックのパッキングや藤田先生によるストックワーク、大野
による水の携帯と水の利用のさわりの講習会。天候も怪しくなってきたので、ザイル操
作は行わずに下山となる。帰り足は早いこと。韋駄天も顔負け。2時間で駐車場に到
着。
 ここで発見。百村の公民館の30m程崎の狭い道路を入ると200m先に駐車スペース
あり。三台位はOKかな。ストレッチの後、車に分乗して帰途に着く。途中西那須野の
ココスで清算。美味しいデザートを頂く。黒羽と大田原に分かれる。皆様お疲れ様でし
た。
                                (大野 記)

 長歌モドキ

百村の山に行かんと欲す
大田原集合はタイムリーと
喜び勇みは車中の二人
日帰り装備も完璧と
光徳禅寺山門の
黄花釣り舟目で送り
松ムシソウに会いたくて
出逢って見たら茅の中
昔の面影今何処
秋風清やかに咲くばかり
此れたまらんとヘイセイブナ
二人掛かりで抱きしめた
その反動は手の痺れ
何と楽しい登山教室となる?

 反歌モドキ
百村山 振り酒見れば熊川の 原語明瞭意味不明
           騒乱人 トーハタケン

○と き  平成25年9月14日(土)
○ところ  百村山(△1,085.2m)
○てんき  曇り
○あ し  和知・大金車
○参加者  藤田(CL)、和知(SL)、大野(報告・会計)、大金(撮影)、
      頼高(記録)
      溝田(教室)、大島(教室)
○コースタイム
     黒羽=大田原HH=百村本田光徳寺公民館−巻川林道−百村山−平成ブナ−
      06:00  06:30     07:15                    09:35      10:30    11:10
     百村山(昼食)−巻川林道−光徳寺公民館=西那須野ココズ=大田原=黒羽
     11:40〜12:25        14:25                                    16:10   16:30

戻る