秋山T(湯川渓谷・安達太良山)


                                            湯川渓谷 八幡滝

  平成25年10月14日(月)、当初の計画は一泊二日で高妻山であったが、参加で
きる人が少なく、急遽日帰りとなった。連休の最終日ということで、高速道路でアプロ
ーチでき紅葉が楽しめるということから、湯川渓谷が選ばれた。いつもの安達太良山で
はなく、湯川渓谷からくろがね小屋、勢至分岐をとおり奥岳登山口に戻ってくるハイキ
ングコース。
 天気は快晴に恵まれる。山の会行事で久しぶりの青空の下での山行となる。三連休の
最終日ということで、なるべく早く出発するようにと、黒羽支所を5時にでる。駐車場
に集まると、空にはオリオン座が輝いている。皆、ダウンを着たりと季節のページが確
実に次に送られたような気がする。途中、安達太良SAで休憩。そして、車の中で各自
朝食を摂る。屋代さんから自家製のさつま芋のおふかしの差し入れをいただく。
 塩沢登山口6時50分着。直ぐに荷物を降ろし、植竹会長と海津さんが車をデポに奥
岳登山口に行く。約25分で戻ってくる。全員揃ったところで7時20分スタート。地
図を見ながら二本松塩沢スキー場の入り口から入って行く。前方に鉄山が見える。左側
には勢至平でしょうか尾根が続いている。歩き始めると沢音が聞こえる。紅葉にはまだ
早いのかもと思われるような緑色の木々の中、ところどころ赤や黄色に染まっていると
ころがある程度でした。湯川という川に沿っての渓谷のハイキング、何組かの登山客が
いて秋本番というところでしょうか。 
 
          湯川渓谷を渡る

 屏風岩が最初の見所。少し下りて行くと山の上の方が少しづつ色づき始めて下には滝
が見える。涸沢カールに行く時にも屏風岩が有ったなぁ、なんて思いながら先に進む。
すると、川沿いを歩いているので、川を渡る丸太の橋が架かっていたり、上からロープ
が2本あるところや、大きな石を飛んでいくようなところと、それはそれはスリルがあ
って面白かった。差し込む光と色づいてくる黄色がキラキラしている。藤田先生から、
黄色く色づいているのはウダイカンバ・ダケカンバ、赤い色はミネカエデ・オオカメノ
キ、赤い実はナナカマドなど、秋山の木々の変化していく名前を教えていただく。八幡
滝は下まで降りてみる。
 川を5回渡り、くろがね小屋が見えてくると、360度視界が広がり、山肌は黄色が
多いが、今を盛りの雄大な景色に息を飲む。

 湯川渓谷からクロガネ小屋

 10時25分くろがね小屋着。今日はここで温泉に入りたいという希望者がいたが、
生憎と準備中でトイレのみお借りした。本日の予定はここまでであったが、CLの藤田
先生から本日天候それからメンバーの体調も良いことから山頂までのコース変更
が提案され皆賛同。山頂を目指すこととなった。くろがね小屋まで来ると、登山客の多
さに驚いてしまう。昨年5月の開山式の安達太良山に来ているが、その時を遥かに越え
る人人人・・・・。皆この景色に感動している。
 
       山頂直下 人ごみみえますか?             ミネカエデ

 お昼は峰の辻の少し手前の風の当たらない所を探して摂る。いつものようにカップ麺
におにぎり。デザートはみかん。輪になって楽しい時が賑やかに過ぎる。
 峰の辻から牛の背を通らず風の当たらないコースで山頂を目指す。360度どちらを
向いても人ばかりというほど沢山登っている。いろいろな山に登っているが上高地以上
くらいの賑わいです。
 ピークまで1時間、途中何回か立ち休みする。逆光の中ススキが風に揺れている。那
須岳ならカリヤスモドキ、ここのはカリヤス。12時25分安達太良山の肩に着く。頂
上の看板の前で記念撮影。人が多いので順番待ちの状態で「富士山並みだなぁ。ひとり
30秒」などと冗談を言いながらの撮影。そして、列を作って山頂に上る。山頂からの
展望は、磐梯山・飯豊連峰がハッキリ見える。ずっと山々を眺めていたいが下山とな
る。
 薬師岳から五葉松平、スキー場へのコースを下る。下りも人が多く狭い登山道のとこ
ろは待機する場面も何回かあった。五葉松平で休憩。薬師岳のところで会長の植竹さん
と海津さんが先に下山し、車を回収に行く。ありがたいことです。
 薬師岳から安達太良山をもう一度振り返って、更に今日の紅葉狩りを満喫し、スキー
場のところに降りてきた。最高の秋山を楽しんだ一日でした。   
                              (伊藤秀子記)


                           山頂にてお決まりのポーズ
 
         宣代

       
○と き  平成25年10月14日(月)
○ところ  湯川渓谷、安達太良山(△1,699.6m)
○てんき  快晴
○おあし  植竹車、海津車
○参加者  藤田(CL)、佐藤(SL)、伊藤秀(報告)、植竹(記録)、大金(会計)、海津(撮影)、
        古矢、頼高、屋代、高木
○コースタイム
       黒羽=安達太良SA=塩沢渓谷登山口−八幡滝−くろがね小屋−(昼食)−
       05:00  06:15〜20     06:50〜07:20     08:50    10:25        11:05〜30
       峰のつじ− 山頂 −仙女平−薬師岳分岐−奥岳登山口=黒羽
       11:50    12:25〜55  13:40    14:15        15:30〜50    17:50

戻る