那須クリーンキャンペーン

 9月1日(土)今年も栃岳連主催那須クリーンキャンペーンが実施された。前日の前
夜祭には、当会からは木村会長が出席した。和気あいあいとした楽しいセレモニーであ
った。例年のごとく当会からは、地元黒羽の銘酒「旭興」を差し入れた。

栃岳連那須南月山清掃登山報告

 9月2日(日)曇り空、今にも雨が降りそうな曇天のすこし暗い朝である。いやな予
感がよぎる。

 薄葉の児童公園にて、伊藤夫妻の車に乗せてもらった。

 那須街道の一軒茶屋コンビニセブンで海津さんと待ち合せした。今日は参加者が一人
減って、4人になった。縦走の為、黒尾谷岳登山口に下山用車を1台置いていくこと
に。峠の茶屋駐車場に着く。
  
 
       セレモニーの様子 雨模様               真新しい鳥居 6月吉日とある

 各山の会の方々は既に集合しており、開会式は始まっていた。木村会長が受付を済ま
して、待っていてくれた。駐車場は既に、小雨で開会式も車の中で聞いてる人もいて、
会場は人がぱらぱらである。盛り上がりが少ない。開会式が終わり、皆が登り始めまし
た。木村会長から激励と清掃の説明を受けて、出発した。

 雨に濡れた登山口の真新しい鳥居と石の祠に安全祈願。

 峠の茶屋跡避難小屋に着く。途中、リンドウが登山道の岩から顔をのぞき、我々を歓
迎してくれているようだ。小屋が近づくにつれ、雨が強くなって来た。着くなり、小屋
の中に避難し、中では眼鏡が曇るほど湿気が多く、雨宿りと小休止して、牛ヶ首に向か
う。

 無限地獄あたりでは、風も少し強く感じられる。

 
     りんどうは満開でした。             牛ヶ首はこんな感じ

 牛ヶ首に着く、視界がさらに悪くなり、50mくらい風も強くなり、今日の山行を後
悔する。

 日の出平に着く。大勢の人が標識を囲むように立っていた。ひとつの大パーティよう
だ。

 
      日の出平              原地蔵は今年もじっと迎えてくれました。

 仕方なく、少し奥の所で小休止した。ハイ松の茂みの中を進む。水たまりが時々、出
来ており飛び越しながら、歩く。ここは、天気ならば、絶景の尾根歩きコースなのに残
念である。足元ばかり見ていると、時折、小さくかわいい頭の紫のフデリンドウが心を
和ませてくれる。歩くペースもどんどん早くなる。

 
       南月山                黒尾谷岳 視界なし

 南月山に着く、まだ10時前なので、昼食にはまだ早い。小休止して、黒尾谷岳に向
かう。雨が少し、小雨になった。降ったり、止んだりである。樹林帯に入って、しばら
く、下りが続いて、少しづつ、登りになり、黒尾谷岳の手前で急登になる。

 黒尾谷岳に着く、ここで昼食をとることにする。低い樹林帯のピークなので周りの景
色は全く見えない。こんな天気なので、のどもあまり渇かない、持ってきた飲料水はあ
まり減らない。すこし体を暖める為にコーヒーを沸かすことにした。昼食をとる。昼食
後、記念写真を撮って、下山。下りは急坂で岩や木の根っこの階段状の下りでモミノ木
台に向かう。

 途中、景色の良さそうな岩テラスがあったが、霧に覆われた山影が見えただけ、ただ
ひたすら、階段状の下りを歩き続ける。傾斜が緩くなり、快適に下る。モミノ木台駐車
場に近くなると樹林帯の上のほうが明るくなり、下のほうに置いてきた車が見えてき
た。

 モミノ木台駐車場に着く。ここは縦列駐車で2から3台が停められそうだ。黒磯駅行
きのバス停留所の標識があった。

 全員乗車して、峠の茶屋駐車場に向かう。雨も止んでおり、木村会長に無事下山の連
絡を行う。全員で無事下山を感謝して、ここで海津さんと別れる。

 今日は入山から下山まで小雨ながら、8Kmの工程を歩いた。清掃登山の成果は僅か
なゴミを拾っただけでした。
                                廣田 記


          下界は雨なし 道端にはヒガンバナが満開でした

と き:9月2日(日)

ところ:那須南月山(1,775.8m)、黒尾谷岳(1,589m)、

あ し:伊藤車、海津車

参加者:伊藤(CL)伊藤(撮影)、廣田(報告)、海津(会計)

コースタイム:

    一軒茶屋=黒尾谷岳登山口=峠の茶屋駐車場→峰の茶屋避難小屋→牛ヶ首
     6:55     7:00         7:45〜8:00      8:30          9:00
    →日の出平→南月山(1,775.8m)→黒尾谷岳(1,589m)→モミノ木台
        9:25     9:50             10:55〜11:25昼食       12:15 
    =峠の茶屋駐車場
     12:55解散

戻る