夏山(鬼怒沼山山行記録)

 

 当初の山行予定を、1泊から日帰りに変更した8月26日、4人のメンバーで鬼怒山に
行ってきました。処暑を過ぎてもまだ暑さの厳しい日であった。4人しかいないので役
割分担は全員で行いました。4時半に大野宅に集合し尾頭トンネル越えで会津西街道に
入りました。6時半に女夫渕に到着。登山準備の後6時40分に出発。八丁の湯を目指
す。8時5分到着。
  
                                        立派なカニ湯
  
       災害の爪痕                鬼怒沼

 加仁湯を通過し、日光沢温泉登山口に8時35分着。日光沢の手前が工事中である。
両側の山が崩れ落ち、う回路を設けて新たな道路を建設中であった。登山口に水場があ
り。根名草山分岐を右にとると、小さなお宮があった。やがて、丸山分岐(ヒナタオロ
チの滝)に至る。ここから急な九十九折りの登山道となる。

 オロオソロシの滝付近は、きつい登りで登山道が昨日の雨で、えぐれていたり雨水が
溜まっていて滑りやすく歩き難い。

 やがて、登りも緩やかになるが、長い長いいつ着くのか分からない樹林帯をひたすら
歩き、鬼怒沼に到着。時期が悪くご褒美の花がない。木道を沼を眺めながら歩くと、ト
ムラ池?に着く。分岐を右に入ると避難小屋。11時30分着。「こじはん」を摂ってい
ると黒い雲が少し気になる。早く山頂に行くために女性陣は飲み物だけを持って登る。
定刻どおり50分で着く。
    
  ヒナタオソロシの滝への吊橋          避難小屋前にて作戦を練る

 鬼怒沼山(海抜2,141m・栃木の百名山十三座)鎮座。

集合写真を撮りたいが、頼める人が見当たらない。鬼怒沼山に来る人はあまりいないの
かも!下山開始。脱兎のごとく下る。

 25分で避難小屋に戻り人気の無くなった木道のベンチに陣取る。根名草山とトムラ
池を眺めながら遅い昼食となった。

処暑過ぎて 花ひとつなき 鬼怒の沼      蒼空

沼を13時35分出発。オロオソロシの滝へ15分の所で雨が遂に降り出した。カッパ装
着。ただ歩くだけの寡黙な時間が過ぎ、八丁の湯に15時55分到着。一息入れ女夫渕に
17時5分無事に戻る。
   
                        無事到着です。ア〜疲れた

17時20分暮れなずむ鬼怒沼を後に帰路に着く。19時20分大野宅到着。皆さま早朝よ
りお疲れ様でした。海津さん、おばさんたちのお付き合いありがとうございました。お
かげ様で無事完歩です。
                     大野 記

記録

○と き 平成24年8月26日(日)

○ところ 鬼怒沼山(2,141m)

○てんき 晴れのち雨

○おあし 2,500円

○あ し 海津車

○おあじ 自前弁当

○参加者 海津(CL),佐藤(記録)、鐘ヶ江(撮影)、大野(報告)  以上4名

戻る