山仕舞・・石尊山山行報告

 12月4日(日)、早いものでもう今年の山行締めくくりである山仕舞を黒羽石尊山
で行いました。黒羽マービンで集合、2台の車に分乗し登山口の市場に向けて出発しま
した。

天候は、風が強くどんよりした曇り空、気温18度。

 30分で登山口到着。バス停があり、登山口の脇に3台くらい停められるスペースあ
り。屋代夫妻が迎えてくれた。今日は、屋代さんのご主人がコースガイドです。どうや
ら本日の山は、屋代さんの「おらげの山」らしい。屋代さん本人は、家で待つとのこと
でした。

 
            仏沢林道入り口
 7時50分、全員集合したので、登山道に入る。登山口から50mくらいで右に外
れ、畑の横を通り抜けると取っ付きまで駆け上がり、落ち葉の絨毯を踏みしめて歩くこ
とになる。地デジの中継アンテナの横を通り過ぎると竹林に出る。名誉会長が何やら鉈
で竹を切り出した。何に使うのだろう。

 様々な 紅葉を踏んで 石尊山     宣代

 この辺りから、ほんの少し晴れてきたようである。ここまで来ると風は無く、快適な
山歩きです。落ち葉も乾いているので歩きやすいです。8時頃尾根道が終わりに近づ
き、暫くすると尾根の肩に到着しました。

 更に30分進むと最初のピーク仏沢の頭に着きました。(標高420m)ここから
は、左の尾根を下って、すぐ右に入る。また、更に行くと、太い木が倒れて通り道を塞
いでいた。名誉会長の指示で、鋸を使い切り落とし、取り除く。

 
                 県境尾根を行く         ツルリンドウ
 8時50分頃第二のピーク県境JCTに着きました。ここから後に続くのですが、赤い
ペンキが塗られた標石と「境見出線」と書かれた赤い表示板と出会うことになる。8時
55分頃第三のピークに着き、ガイドの屋代さんが「眺めの良いところに案内する」と
言って歩きだしました。5分ぐらい歩くと、急に視界が大きく開け、伐採されたばかり
のハゲ山が現れた。そのハゲ山の奥向こうに奥久慈の男体山が良く見えました。


                            奥久慈男体山
 9時30分ごろ、第四のピーク中居沢の頭に着きました。それから、10分くらいで
急登になり、5分程で終わる。この辺りは、道の左右に伐採された倒木があり、暫く続
く。赤い実のツルリンドウが時々姿を見せてくれる。9時45分見返り沢の頭に着く。
第五のピークである。そこから歩き出してすぐまた急登である。

 9時55分、支那志沢JCTに着く。第六のピークです。10時5分最後のピーク石尊山
の頂上に出ました。標高420m前後を降りたり上がったりしながらの到着です。辺り
は木々で被われ、展望は無く、標識が無ければ通り過ぎてしまうようなところです。当
然ながら「黒羽山の会」の標識有り。先輩方の付けた看板に感謝です。記念写真を撮っ
て、山仕舞の儀式を厳かに行いました。

 
                    祝詞奏上

 山仕舞 みんなで感謝 石尊山     宣代


                               山頂にて
 25分程して、下山。暫くは急坂の下りで足を取られそう。15分ほどして、屋代ピー
クに寄る。第七のピークです。更に15分ほど下がって屋代さんから「ここで、トイレ
休憩して下さい。」と言われ、道の分岐に出ました。理由を聞いて皆が大騒ぎとなる。

 
            屋代さんげ               コンパの様子
 11時15分、屋代さんの家の入り口付近に着いた。登山道が終わりかけた途中を右に
行くと高い石垣が見えてきた。遠くのほうに屋代さんげの大門が見え、その手前に長い
路が続く。門をくぐると、屋代さん本人が出迎えてくれ、また写真を撮る。屋代御夫婦
は昨夜九州から帰ってきたところだそうです。疲れも見せず、山の会のメンバーが作っ
たトン汁と屋代さん自慢の芋やジャガイモやらを薪ストーブでご馳走していただきまし
た。ごちそうさまでした。本当にお世話になりました。

                                  廣田 記



祝詞

実以畏敬 八百萬山神 石尊山大権現

祓賜清賜 我等黒羽山乃会員二拾余名

畏敬畏敬 申候感謝 本日石尊山乃拝借一隅

平成二十三年無事仕舞山行 

那須茶臼岳 那須剣峰 高原大入道 日光白根山 夏山合宿穂高岳 秋山磐梯山

我等本日集合御地石尊山 相喰相飲相語宇

感謝山幸也

                     平成23年12月4日 黒羽山の会一同

記録

○と き 平成23年12月4日(日)

○ところ 黒羽 石尊山 △420.8m

○あ し 和知車、木村車(屋代車)

○あ じ 自前弁当、トン汁、その他美味しいもの沢山

○おあし 500円

○てんき 晴れ

○参加者 屋代(旦那)CL、角田(SL)、廣田(報告)、荒木(撮影)、
     木村(会計)、頼高(記録)、荒木、伊藤(秀)、大金、藤田、和知、屋代
  
○コースタイム

     黒羽マービン=仏沢林道  −仏沢の頭−県境−見晴らし台−中居沢の頭
     07:00       07:30〜07:50    08:35    08:50  09:05    09:25

     −支那志沢−石尊山山頂   −屋代さんげ  −茶房 秀−黒羽マービン
      09:55   10:05〜10:30(神事)  11:15〜13:30(コンパ)14:20       15:00解散

トン汁作り

○と き 平成23年12月3日(土)

○ところ 黒羽支所 調理室

○参加者 大金、木村、佐藤

○レシピ トン汁(30人分)

戻る