平成23年度 開山の儀 那須剣ヶ峰
 

    剣ヶ峰                      朝日岳

 平成23年度開山の儀は、例年どうり那須剣ヶ峰で行いました。

 4月29日天候に恵まれる中、午前7時黒羽マービン駐車場を出発した。参加者12
名、木村車・高木車・伊藤車に分乗し、峰の茶屋駐車場へと向かう。所要時間約1時
間、大丸駐車場で身支度を整え、峰の茶屋駐車場に着く。今日は「昭和の日」、祝日で
ゴールデンウィークの初日である。ロープーウェイも8時半には営業を始めた模様であ
る。しかし、駐車場は30台程度となんとなく寂しい感じで、ここにも震災の影がさし
ているように感じられる。

  
                 那須岳                           登山指導所前

 8時10分、和知CLに続き10名の会員、殿をSL伊藤会員の隊形で出発する。快晴で
はあるが、少し風が強い。気温3℃、登山口の残雪を踏み登山指導所へ。和知CLが登
山届けを投函。5月8日が山開きのためか、備え付けの登山カードが見当たらない。

 暫く、残雪を踏みしめて登る。中の茶屋ケルン手前からは雪は消えた。残雪は、剣ヶ
峰雪渓・峰の茶屋から茶臼岳ルートに見られる。出発から1時間20分峰の茶屋避難所
に着く。小休止。遠くの山並みは、残雪と春山の木々の青さが映え、初春の絶景が会員
の心を癒す。新潟・福島上空は、黒い雲に覆われている。特有の強い風が吹き付ける中
出発。剣ヶ峰下の雪渓をトラバースする。ピッケルと左右の足のバランスのとり方の指
導を受けながら慎重に進む。「途中で立ち止まらないこと。」の指導が飛ぶ。

 
      中ノ茶屋ケルン              雪渓トラバース(帰りでした)

 恵比寿大黒岩峰下に着く。ここから、剣ヶ峰へと直登するが、雪解け水で地面が緩ん
でいる。落石対応の指導を受け慎重に進む。

 

 10時10分、1,799m剣ヶ峰に到着。全員、神事の準備にかかる。共同装備、各
自の装備が揃う。修祓の儀、祝詞奏上の儀、御神酒頂戴の儀を行い、1年間の山行の安
全を祈り神事を済ませる。そして記念撮影。

 
           祝詞奏上                   饅頭が美味い

 那須の峯 開山の儀の美酒に酔い

           大丸Gも上の空              藤畑 謙


                会津の山はまだまだ冬でした     剣ヶ峰山頂から

 朝日岳肩付近の木々は霧氷に覆われている。それにしても、頼高さん(欠席)から頂
いた饅頭の美味かったこと、大きかったこと、もう一度自前で食べてみたい。

 10時40分登ってきたルートを下山開始。足場が緩く、転倒や落石が危惧される。名
誉会長、和知CLのが支えるザイルを使い一歩一歩慎重に足場を確保し、登山道へ辿り
つく。心配された事故、落石も無かった。 峰の茶屋への帰りも、雪渓のトラバースに
は慎重に進む。

 休息の後、11時20分出発。会員からの切なる要望で、雪渓歩行の訓練を行う。勉強
にもなったが、楽しかったこと。全員、子供に帰っての雪遊びでした。

 
         和知CLを先頭に

 雪渓に 遊んでくるよと 老童子          秀雲

12時25分、峠の茶屋到着。お楽しみの昼食コンパは、東屋を拝借。前日から準備して
いただいたトン汁、皆さんが持ち寄った惣菜、デザートと、質・量とも大満足のもので
した。

 

 酒入り トン汁食べて 山開き           秀雲

*惣菜   筍の煮付け、ワサビの漬物、ワラビ、白木の芽、沢庵、ノビロの漬物、き
ゅうりの漬物、混采おひたし

*デザート バナナ、りんご

*トン汁  20人分

 

 全員が、胸に痞えるほどの食べすぎでした。峠の茶屋駐車場で締めを行い、解散し
た。

                                 高木  記


        祝  詞

実似畏敬 八百萬山神 那須岳大権現 祓賜清賜 

我等黒羽山乃会会員20余名 畏敬畏敬申候

本日 那須剣峰の拝借一隅 平成23年山行無事祈願

即説 那須剣峰・高原大入道・焼石岳・御亭山・日光白根山

尾瀬・北亜留婦須奥穂高岳・日光男体山・那須南月山

尾瀬燧岳・磐梯山・黒羽石尊山 等等

山行快適祈願安全申修祓賜清賜

我等本日 地集合 相喰相飲相語宇 本日感謝山幸也

          平成23年4月29日 

                黒羽山の会一同

◎山行記録

○と き    平成23年4月29日(金)昭和の日

○ところ    那須剣ヶ峰(1,799m)

○てんき    晴れ

○あ し    木村車、高木車、伊藤車

○おあじ    トン汁、饅頭(黒羽産、頼高さんからの差入れ)

○おあし   1,500円

○参加者   11名

 和知(CL)、伊藤(SL)、藤田、木村、大野、高木、鐘ヶ江、佐藤、大金、   
   古矢、伊藤

◎前日(4月28日)準備

・黒羽川西地区公民館調理室

・藤田、木村、大野、佐藤

・材料(20名分)

 豚バラ肉 1kg、こんにゃく 1本、大根 700g、豆腐 2丁、

人参 600g、牛蒡 750g、じゃがいも 750g、葱 5本、

キャベツ 750g、味噌300g、だしの素 40g、水 4"

◎コースタイム
場所 到着 出発 備考
黒羽発
7:00
大丸トイレ  7:50  7:55
県営駐車場  8:05  8:25 身支度出発準備
登山指導所  8:30
中の茶屋  8:55  9:00
峰の茶屋  9:30  9:40
剣ヶ峰 10:15 10:35 神事
峰の茶屋 11:25 11:30
峠の茶屋 12:25 13:35 コンパ準備会食
県営駐車場
13:40
黒羽着 14:45

戻る