せきそんやま
6.石尊山       420.6m

(1)所在地

 茨城県側から

 栃木・茨城の県境、大田原市と大子町の間にある、海抜4百米突の山。栃木県内には、石
尊山は7つあるが、いずれも地元の暮らしと深く結びついている山々である。

(2)登山口

@須賀川の道の駅に車駐車。県道13を市場地区へ南下。仏沢に入る。

A大子ワイナリーに駐車。山岸を常明寺から。

(3)登山ルート

@道の駅−市場−仏沢林道−県境尾根−山頂−石畑沢ダム−石畑(4時間20分)

A大子ワイナリー−常明寺−常明寺尾根−県境尾根−山頂−橋場(3時間10分)

(4)難易度

  距離的には一般的

(5)山の概要

  @大田原石尊山に最も近い県内の石尊山は、矢板の西国道461号に近い、塩谷総合運動
公園の裏山にある。その杉だらけの山ではあるが、この地の目立つ存在である。大田原の石
尊山は、頂上付近は雑木になっていて、花崗岩質の山頂直下は、アブラツツジ、リョウブ、コウ
ヤボウキなど高山らしい雰囲気がある。ここは、茨城側が杉檜が多く、山頂に小さな石の祠が
安置されているだけである。

  A須賀川側からの観光スポットは、平渡土地区にある「竹ノ内の榧」があり一見の価値があ
る。また、大子側に常明寺、ワイナリーがある。これらも、一見、一味の価値はあろう。



最新のレポートは
こちら

トップへ
戻る