はながめやま
4.花瓶山      692m     
   
 
               イワウチワ                   カタクリ     2011.4.16


(1)所在地

  栃木県大田原市須賀川と茨城県大子町との県境にあり押川、八溝川の源流がある。詳細は
分からないが、国土地理院の20万分の1地勢図「白河」に載っている。いずれも久慈川水系の
山である。

(2)登山口

 @須賀川如来沢林道うつぼ沢出合駐車

 A大倉沢県有林土場駐車  

(3)登山ルート

 @如来集落−うつぼ沢出合−土橋−花瓶沢土場−山頂−大倉尾根縦走−岩団扇沢−
  うつぼ沢出合−如来集落(4時間30分)

 A山頂−県境尾根−高戸山−皆沢−大倉沢−如来(3時間) 

(4)難易度

  距離的にはハードな山

(5)山の概要

 @写真のように、目立たない存在だが、近くに巨木の太郎ブナ・次郎ブナがあって、八溝山
系の中では、貴重な存在と考えられている。山頂までの登頂ルートは、須賀川の如来集落か
ら、如来林道を如来ダム、うるぼ出合、土橋、花瓶沢を詰め、県境尾根に出て山頂に出る。

  A花瓶山一帯は、栃木側が殆ど杉・檜の人工林であるが、茨城側はいたるところに自然林
が残され、対照的である。しかも、「花瓶山自然環境保全地域・茨城県」と標識杭は建てられて
いる。長年保存されていて、ブナ・ヤマザクラ・ソネ・ミズナラ・ハリギリなどの大木が極成相を
誇っている。

  B栃木百名山に指定され、世の奥山指向のハイカー・岳人に隠れた人気が出ている。人家
からかなり離れているので、道迷いに注意したい。獣道が錯綜しているので、地図に詳しい人
の同行が望まれる。




トップへ
戻る