第2回登山教室実技「百村山」


 去る5月2日(日)2回目の実技が行われました。今回は目先を変えて「百村山」です。

 「百村山 二つの村でも 百村とは」    藤畑 謙

 この山は、百村山塊の最高峰大佐飛山東方の那須野が原へ延びる百村尾根の中腹に位置
している山です。大巻川と木の俣川の中ほどにあり、稜線から那須の山々が眺望できる。

 「カタクリの 花に誘われ 百村山」   秀雲



 午前7時、百村本田の公民館にて合流出発となりました。光徳寺さんの境内を抜けると、「百
村山西水道記念碑」が左手にあり、工事中に殉職した人があったことを早川さんがお話してく
ださいました。やや急な山道を登ると杉の林の中に、ヒトリシズカ・ユキザサ・エンレイソウの花
たちが、私たちを歓迎してくれました。

 「百村山 我を招くか カタクリの花」   ミエ



 1時間ほどで巻川林道の出合にでる。リュックを置き、地形図とコンパスで百村山の位置確
認の学習をする。出合からは、那須連山の「白笹山」「南月山」「黒尾谷岳」が一望できた。林
道を横切り檜の林を過ぎると雑木林の尾根道となる。ショウジョウバカマ・カタクリが三々五々
顔を見せる。



 「百村山 カタクリ咲いて 五月晴れ」    恵美子

 「カタクリが 疲れをとばす 登り道」     秀 雲

 やがて、見晴らしの良い展望台に到着する。



ここで、大いに英気を養う。ミヤコザザの中で、水分補給やら行動食やらを採る。さらに山頂を
目指して登ると電発17号鉄塔に出会う。尾根道の続く傍らにショウジョウバカマ・カタクリの花
が顔を出す。

 「山路来て 心癒せし 堅香子か」     ミ エ

 でも、少し心配になりました。カタクリの花が笹に負けて消えてしまうのではと・・・・

 登山口より2時間半百村山山頂に到着する。標高1,085m標識以外何も無い山でしたが、
残雪が待っていてくれました。

 百村山山頂にて

ここで、昼食には早いので、CLを囲みミーティングとなりました。行動食というよりは、小時飯を
いただく。平野部の彼方を見ると、春霞の中に筑波山が見える〜!?

 藤田先生の提案で、「平成山毛欅(へいせいブナ)」を見に行く。



大きく枝を広げたブナの前に立つと自然と頭が下がる。生きてきた何百年の生命力に!!ふ
と、連想が走り先日の「花瓶山」での「太郎ブナ」の臨終の状態を想いちょっとオセンチに。

 「カタクリに 惑わされし 山女」      藤畑 謙

 皆で記念写真に納まりました。

 もと来た道を引き返し百村山の山頂にて、旬のご馳走で満腹となる。この頃の時間になる
と、受講生・会員も打ち解けて、話が飛び交う。今回の登山は、良い事が2つほどありました。
山行の途中で受講生の平山さんから「山の会」入会希望との話があり、もう一つは、伊藤さん
の入会です。よろしくお願いいたします。大歓迎です。

 たっぷりとくつろぎ、12時下山となる。いくつかのアップダウンを繰り返し、尾根道を下る。往
路では気にならなかった栃木・福島県境の山が見える。



(8月三倉山(8月21日山行予定)、大倉山、流石山の残雪の山並みが美しい。電発17号鉄塔、
展望台を通過し、13時50分無事駐車場に到着。


今回の登山の講評と、次回「安戸山(6月6日)」の注意をお聞きし解散となる。

 会員は、黒羽まで戻り「城山」で清算とコンパ。
  城山 の西洋シャクナゲ

約1時間を今回の登山と「槍ヶ岳」参加希望などを募り、16時15分マービン着となる。今回は、
私の説明不足により役割分担が曖昧でご迷惑をおかけしました。この場を借りてお詫びいたし
ます。皆様お疲れ様でした。

                                              大野 記
  • コースタイム
POINT TIME 備考
黒羽 マービン 06:05 出発
百村本田公民館 07:05 合流・出発
07:35〜07:40 1回目小休止
07:45〜07:55 2回目小休止
木の俣林道出合 08:10〜08:20 地形図の見方
展望台 08:50〜08:55 3回目休憩
百村山山頂 09:35〜10:05 大休止、ミーティング
平成ブナ 10:30〜10:50 記念写真
百村山山頂へ戻る 11:05〜12:00 写真・食事
下山 12:00
17号鉄塔 12:20〜12:25 小休止
展望台 12:35〜12:40 小休止
木の俣林道出合 13:00〜13:05 小休止
百村本田公民館 13:50 到着
解散 14:00
城山 15:05〜16:05 清算・コンパ
黒羽 マービン 16:15 到着・解散
  • 参加者                                                
     受講生 後藤、後藤、助川、谷口、早川、平山、本田    7名
     会員   藤田、木村、石戸、角田、佐藤、大金、大野、伊藤、伊藤、頼高、古矢 11名
  • 役割分担
    CL(藤田) SL(佐藤) 記録(大野) 撮影(角田) 会計(頼高) 報告(大野)
  • 記録
    と き 平成22年5月2日
    ところ 百村山
    てんき 曇りのち晴れ
    おあし \1,500
    あ し 木村車、角田車
    おあじ 城山(清算&コンパ) クリームあんみつ、コーヒー
    戻る